ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保険年金課 > 介護保険負担限度額認定証について

介護保険負担限度額認定証について

印刷用ページを表示する 更新日:2020年8月3日更新

施設サービスを利用される方へ

介護保険負担限度額認定証とは

 介護保険施設を利用する場合、介護保険負担限度額認定証を提示することで、部屋代や食事代の費用負担が軽減されます。
 限度額認定証の有効期限は、申請月の1日から7月末までです。継続して利用される場合には、更新手続きが必要となります。更新用の申請書類は毎年6月に送付します。必要な方は、郵送または窓口で申請ください。

対象となる方

次の2つの要件を満たす方

(1)本人が非課税世帯で、世帯を別にする配偶者も住民税住民税非課税であること
(2)保有する預貯金等が単身で1,000万円以下、夫婦で2,000万円以下であること

提出書類

(1)対象者の本人確認書類(介護保険証等)または委任状
(2)対象者のマイナンバーが確認できる書類
(3)対象者及びその配偶者が有する金融資産が確認できるもの(記帳済の通帳等)
※金融機関名、支店名、口座番号、申請日から過去3か月の資産の移動が確認できるページを確認します。
※必要に応じて、金融機関等に資産の照会をかける場合があります。
(4)対象者及びその配偶者の印鑑
(5)申請者の本人確認書類(免許証等)

※郵送で申請される場合は、上記の添付書類をすべてコピーをして同封して下さい。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページへ戻る
このページのトップへ