ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ダニ媒介感染症に注意

印刷用ページを表示する 更新日:2017年9月14日更新

ダニ媒介感染症に注意しましょう!!

ダニが媒介する「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」が、平成25年7月に岡山県内で確認されました。

 春から秋にかけては、行楽や農作業などで野外活動の機会が増え、ダニに刺される危険性も高くなります。ウイルスを保有しているマダニに咬まれることで感染し、咬まれてから6日から14日間後に、発熱と消化器症状(食欲低下・嘔吐・下痢・腹痛など)が現れます。重症になると、死亡する場合もあります。

 

予防のために、次のことに気をつけましょう。

・肌をできるだけ出さないように、長袖・長ズボン・手袋等を着用する。

・肌の露出部分には、防虫スプレーを噴霧する。

・地面に直接寝転んだり、腰を下したりしないように敷物を敷く。

・帰宅後は、衣類を外で脱ぎ、入浴し、身体をよく洗って、新しい服に着替える。

 

詳しい情報はこちらのホームページをご覧ください。

厚生労働省「重症熱性血小板減少症候群に関するQ&A<外部リンク>

岡山県ホームページ「マダニに注意(チラシ)」<外部リンク>


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページへ戻る
このページのトップへ