ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 住民税務課 > 犬の登録・狂犬病予防注射について

犬の登録・狂犬病予防注射について

印刷用ページを表示する 更新日:2016年8月17日更新

犬の登録・狂犬病予防注射

犬の登録

犬を飼うときは、生後91日以上経過して以降に一生に一度の登録が必要です。いわば、愛犬の住民登録のようなものです。
犬の登録は、飼い主の義務として「狂犬病予防法」により義務付けられています。必ず登録してください。

登録手続き 

生後91日以上の犬が対象です。
犬を取得した日(生後90日以内の場合は91日を経過した日)から30日以内に、美咲町役場住民課、または各総合支所住民福祉課に届けてください。
また、美咲町が毎年1回行っている、狂犬病予防注射の「集合注射会場」でも狂犬病予防注射と併せて行うことができます。

犬の登録をされた際には「鑑札」を交付します。
交付された「鑑札」は、飼犬の首輪等に「狂犬病予防注射済票」と一緒に付けることが、法律で義務付けられています。
犬の鑑札には登録番号が記入されているため、飼い犬が迷子になった際に保護されればすぐに飼い主が判明し、引き渡すことができます。(はずれないよう首輪に取り付けてください)

手数料

項目金額
登録手数料3,000円
鑑札の再交付手数料1,600円

転居などの異動があった場合

次のような場合は、手続きが必要です。

犬の飼い主が変わったとき

新しい飼い主の住所・氏名、犬の新しい所在地をご連絡ください。

町内で転居したとき

新しい住所をご連絡ください。

町外へ転出したとき

美咲町の「鑑札」を転出先の自治体へ持っていき、新しい鑑札の交付を受けてください。

美咲町へ転入したとき

前の自治体で交付を受けた「鑑札」を美咲町役場住民課、または各総合支所住民福祉課へ持ってきて、登録手続きをしてください。無料で新しい鑑札を交付します。
※転出、転入の際には「鑑札」が無くても、転出元の自治体で登録の確認ができれば変更手続きができます。不明な場合は、各自治体の担当部署へ連絡してください。

犬が亡くなったとき    

犬が亡くなった場合、犬の死亡届が必要です。
美咲町役場住民課、または各総合支所住民福祉課へ電話連絡で手続きできます。

狂犬病予防注射

狂犬病予防注射は、飼い主の義務として「狂犬病予防法」により義務付けられています。
毎年必ず接種しましょう。
狂犬病の予防、撲滅のため、そしてなにより愛犬の健康のため、飼い主の皆さんのご協力をお願いいたします。

狂犬病予防注射を受けるには

狂犬病予防注射は、動物病院で受けることができます。
また、年1回、町内の公共施設等で「集合注射」を実施しています。
実施時期・場所・時間等については、畜犬登録者にはがき、告知放送、広報みさき等で通知します。

2019年度狂犬病予防注射日程表 [PDFファイル/9.1MB]

狂犬病予防注射済票の交付を受けていますか

町外の動物病院等で、狂犬病予防注射を受けた飼い主の方で、「注射済票(長方形のプレート)」の交付手続きが済んでいない方がおられます。
動物病院等で、狂犬病予防注射を受けた際に発行された「狂犬病予防注射済証(紙の証書)」を、美咲町住民課、各総合支所住民福祉課に持ってきて、「注射済票」の交付を受けて下さい。 
注射済票の交付を受けないと「狂犬病予防法に規定する手続き」が終了したことになりません。
これらの手続きの済んでいない飼い主は、20万円以下の罰金に処せられる事がありますのでご注意ください。

交付された「注射済票」は、飼犬の首輪等に「鑑札」と一緒に付けることが、法律で義務付けられています。
これらには番号が記入してあるため、飼い犬に付けておくと万が一に迷子となった場合にも、保護されればすぐに身元が判明し飼い主へ引き渡すことができます。(はずれないよう首輪に取り付けてください)

手数料

項目金額
狂犬病予防注射代2,500円
注射済票交付手数料550円
注射済票再交付手数料340円

お問い合わせ先  

美咲町役場住民課   電話:0868-66-1114
旭総合支所住民福祉課   電話:0867-27-3111
柵原総合支所住民福祉課 電話:0868-62-1111


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページへ戻る
このページのトップへ